2017年4月3日
株式会社デジタルステージ

素材提供サービス「materials」、Getty Imagesの素材1,000万点以上を追加。
日本のビジネスシーンやライフスタイルの素材が充実。

https://materials.digitalstage.jp/

株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:熊崎 隆人)は、弊社が運営する素材ダウンロードサービス「materials(マテリアルズ)」の提供素材に、ゲッティ イメージズの写真素材およそ1,000万点を追加し、201743日(月)より提供を開始いたします。
 
materialsは、弊社が発売するウェブオーサリングツール「BiNDクラウド(バインド・クラウド)」や「BiND for WebLiFE*(バインド・フォー・ウェブライフ、以下BiND)」シリーズなどで使用できる画像や音楽、デジタルパーツを、マテリアルズ専用のポイント(マテポ)を使ってダウンロードできるサービスです。
 
これまでも、ゲッティ イメージズとの協業により豊富な素材を提供してまいりましたが、ビジネスやライフスタイルのシーンにおける日本人の素材を充実させるため、新たにユーザーニーズの高い素材を追加することが決定いたしました。
 
今後も、ユーザーのクリエイティビティを存分に発揮できる拡張サービスの実現を追求してまいります。

  materialsとは

https://materials.digitalstage.jp
デジタルステージが発売するソフトウェアの中で自由に利用できる、写真・音楽・デザインパーツ等を提供する、素材ダウンロードサービスです。
materialsのオリジナル素材のほか、Getty Imagesの素材を含めた1,000万点以上を提供しています。
 
素材のダウンロードには、マテリアルズポイント(マテポ)が必要で、マテポはソフトの製品登録のほか、BiNDクラウドや専用サーバーの利用時に付与されるほか、デジタルステージ・オンラインストアで購入することができます。

参考)使用に必要なマテポ数
1,000px以下:500マテポ
1,500px以下:800マテポ
2,100px以下:1,300マテポ 

※今回の提供素材の追加にともない、提供サイズを変更いたします。
※提供素材の内容は予告なく変更することがあります。

  【materialsサイト】

  ゲッティ イメージズとは

http://www.gettyimages.co.jp/
 
ゲッティ イメージズは、2億点以上の静止画や動画等のデジタルコンテンツを世界100か国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーです。クリエイターやメディアをはじめとし、多くのデジタルコンテンツを求める方々がサービスを利用しています。世界各地の主要な写真や映像コンペティションにおいて受賞歴のある実力高いフォトグラファーとの協力体制によって、世界の著名な新聞や雑誌、キャンペーン、映画、TV番組、書籍やウェブサイトを飾っている写真を産み出しています。
 

<報道関係者のお問い合わせ>
株式会社デジタルステージ 広報担当/Email:pr@digitalstage.jp
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-4-5 IID#119

※本プレスリリースに記載されている製品・サービス名はデジタルステージおよび各社の登録商標です。
記載の情報は予告なく変更になる場合があります。

BiND for WebLiFE*について

 
独自のブロック編集を採用し、作り手がHTMLタグなどのウェブ特有の知識を習得せずに本格的なHTMLベースのウェブサイトを作成できるソフト。BiNDで作成したサイトは、主要ブラウザの互換性を保障している。
2007年度グッドデザイン賞「中小企業庁長官特別賞」を受賞。